事業案内

ご挨拶

 JAの医療事業は、農業協同組合の前身である産業組合により農村地域の無医地区の解消と誰でも利用しやすい低廉な医療供給を目的として、大正8年に島根県鹿足郡青原村の生産組合が医療事業を兼営したのが始まりです。その後、医療利用組合連合会の設立によりこの運動は全国に広まり、戦時中、一時的に農業会に改組されましたが、昭和23年8月の農業協同組合法施行により厚生連がこれを継承し現在に至っています。
 JA福島厚生連は、前身の農業会のもとで開設した白河、塙、高田の3病院を引き継ぎ、昭和23年8月に発足しました。その後、鹿島、坂下を開設し、昭和42年に6番目の病院となる双葉厚生病院を開設しました。しかし、双葉厚生病院は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災・原発事故の影響により現在も休業を余儀なくされており、病院への立ち入りも自由にできない状況となっております。本会としては、双葉地域の住民が安心して故郷に帰還できる医療提供体制の構築に向け、今後とも県ならびに関係機関と連携して取り組んでまいります。
 事業運営面では、東日本大震災・原発事故の影響による医師・看護師等の人材流失・確保困難、農村地域の高齢化や人口減少などによる利用人員の減少傾向が続いております。今後も厳しい事業運営が予測されますが、病院所在地域の特性に応じた診療体制及び病院機能の再編・整備を行い、本会の理念である「保健・医療・福祉事業を通して、農家組合員・地域住民の健康を守り、豊かな地域づくりに貢献する」ことを実践するため、6病院、1診療所、3老健施設、農村健診センター、訪問看護ステーション、居宅支援事業所、看護学院の機能を最大限生かし、地域医療の確保と健康管理活動、高齢者福祉・介護事業に積極的に取り組んでまいります。
 今後とも皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 平成29年6月29日

福島県厚生農業協同組合連合会   
経営管理委員会会長  大橋 信夫
代表理事理事長    森合 桂一