介護老人保健施設「厚寿苑」開所

  • ホーム
  • 介護老人保健施設「厚寿苑」開所

 平成26年2月1日に新たな「厚寿苑」を、入所100床・通所2単位40名で開所しました。
 厚寿苑が所在する南相馬市は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所の事故により、介護・福祉の需要が高まっておりました。その要望に応える為、公益財団法人ヤマト福祉財団の「東日本大震災 生活・産業基盤復興再生募金」及び南相馬市の「介護基盤復興まちづくり整備事業」の助成金等を受け、建設を計画しました。平成25年1月31日に着工し、震災の影響による資材不足や人手不足など多くの困難がありましたが、約1年間の工期を経てこの度無事竣工の運びとなりました。
 新施設は、介護・福祉の需要増に対応するだけではなく、利用者に家庭的な雰囲気を感じていただけるような療養室と、施設の利用者と地域の皆様との交流を図るための「交流スペース」を設け、地域の高齢者介護支援の中核を担える施設としました。
 今後は地域復興のシンボルとして、更なる高齢者医療・介護の充実・復興に邁進して参ります。

平面図
数字をクリックすると施設の写真がご覧になれます。


 

 

前のページに戻る このページの先頭へ

Dr.メッセージ

 

Google

WWW 検索 サイト内 検索